告ってきたくせにすぐフラれた…理解不能な男性心理5選

告ってきたくせにすぐフラれた…理解不能な男性心理5選

相手の方から好意を伝えてきてくれたのに、その人に振られたりすると本当に理不尽な思いを味わいますよね。

けれど、そういった目にあっている人は割と多く、今もどこかで疑問を感じている人が大勢いるでしょう。

もしもあなたがそんな不思議な男性心理を理解したいのであれば、以下の5つのポイントを熟読してみてください。

あのときの彼の態度には、こういった理由があったのだという納得とともにあなたの傷も癒えていくでしょう。

 


その1:「自分の想像と違った」


まず考えられることは、彼があなたにたいして勝手なイメージを抱き、そのイメージを膨らませて恋心を育てていたということでしょう。

ということは、そもそもはあなたが彼の好みであることには間違いがなく、そこには自信をもってもいいかもしれませんね。

でも、付き合っていくうちに本当のあなたを理解し、あるいは誤解して、あなたは自分の運命の人ではないと思い、彼はあなたから去りました。

本当に自分勝手なことではありますが、人は他人を正確に理解することなどできません。自分ですら、自分自身のことを正しく理解することは難しいのです。

あなたにはなんの落ち度もありませんが、彼が勝手に期待値を上げてしまい、理想と現実にギャップを感じたのでしょう。

 


その2:「誰でもいいから付き合いたかった」


彼があなたに告白してきた理由が、「誰でもいいから付き合いたかった」などといったものであったならば、あなたは怒り心頭でしょうね。

そんないい加減な理由で人に告白するだけならまだしも、別れまでそっちから言うだなんて、あなたはプライドを傷つけられたように感じるでしょう。

そういう動機で女性に告白をする男性は、基本的にはモテません。恋愛経験も少ないために、誰でもいいから付き合いたいなどといったふざけたことを考えたりするのです。

あなたや他の普通の人たちは、自分が好きになった異性との交際を夢見るでしょう。

でも、そういう人たちはあまりに空腹すぎて、なんでもいいからとりあえず口にしたいと考えています。

雑魚な男と言えるでしょう。

 


その3:「見た目だけで好きになって告白した」


もしかするとその男性は、あなたの見た目をとても気に入っていたのかもしれませんね。

やはり、人はすぐには他人の性格や性質を見抜くことなどできません。

生まれてすぐからずっと子供を育てている親であっても、子供の気持ちや本質を自分の都合の良いように考えてしまい、うまくいっていない親子関係もいくらでもあるでしょう。

ましてや他人であるならば、外見に惹かれてつきあったはいいけれども、実際に密接に接しあうようになったら性格の相性が悪かったなどということはいくらでもあります。

本当に不愉快なことではありますが、その逆の、女性が男性の見た目を気に入りつきあったが親しくなればなるほどに相手への好意が薄れていく、知れば知るほど気持ちが覚めるということもあるのです。

 


その4:「本命を忘れたいけど無理だった」


意外と盲点ではありますが、「本命を忘れたい」という気持ちで新しい恋に手をだすのは女性だけではありません。

男性も同じように、報われない恋を忘れるために新しい恋をすることもあるのです。

ただ、他の異性との恋愛によって過去の恋を忘れるには、それなりの時間の経過が必要です。

失恋直後ほど寂しさや辛さが強いため、焦って新しい恋に足を踏み入れたとしても、やはり過去の恋の引力から逃れられません。

きちんと孤独を受け入れてこそ傷が癒え、次の恋へと進めるのです。

あなたに告白してきた彼も、もっと時間を空けてからであればあなたとの恋にきちんと向き合えたのかもしれませんね。

恋はタイミングとはいいますが、まさに時期尚早だったと言えます。

 


その5:「2人の気持ちの差に耐えられなかった」


もしかすると彼は、自分とあなたとのこの恋に対する気持ちの温度差に気が付いてしまい、辛くなって別れを切り出してしまった可能性もありますね。

彼の告白は本気であったのだけれども、あなたは彼をよく知らぬ間にそれを受け入れて恋人となったというふうにあの人が考えている可能性もあるのです。

はじめは思いが通じたと喜んで有頂天になっていたあの人が、徐々にあなたは自分に対してはそれほどの思いを持っていないのではといった疑問を抱いたとして、あなたと一緒にすごすことに辛さを感じることは容易に想像がつきますね。

もしも誰かを愛したならば、相手からも同じような愛情を欲しいと思うものです。あなたを好き過ぎたからこそ、別れを告げたのかもしれません。

 


だいたいが身勝手…


誰かに思いを打ち明けて恋人となっておきながらも、自分からその相手に別れを告げるなどということは、本当は誰もしたくはありません。

でも、身勝手な理由で誰かに気持ちを打ち明けたならば、そのきっかけを作った男性は身勝手とのそしりを受けても言い訳出来ないでしょう。

できることならずっと添い遂げたいという気持ちも男性にはありますが、かといって、ずっと添い遂げることが出来る相手であるかどうかを時間をかけて確認するような手間はたいていかけてくれません。

衝動的に恋愛をするのが男性というもので、情熱に押し流されて理性が機能していないのです。


コメントを残す

メニューを閉じる