復縁のための冷却期間と、復縁を成就させるために知るべき「元彼の気持ち」

復縁のための冷却期間と、復縁を成就させるために知るべき「元彼の気持ち」

「あの時に戻りたい……」

誰でも怒りという感情を味わうことがありますが、いくら謝られても「時間が必要な場合」があります。

恋愛においてもそういった面があり、心がすれ違うときがあったとしても、少しの冷却期間で元に戻る可能性も大いにあるのです。

 


冷却期間は必要? 復縁するためにかかる時間はどのくらい?


それまではなんの問題もなくうまくいっていた関係であったとしても、ちょっとしたことによってボタンの掛け違いが発生し、どんどんとすれ違ってしまうことはあるでしょう。

そんなとき、無理して深追いするよりも、いったんは引き上げたほうが良いのかもしれません。

そして、あなたの体制を立て直しながらも、あの人にも「心を立て直すための時間」を与えてあげましょう。

そのための冷却期間ですし、時間がたてば状況も変わり、また2人の関係にも違った局面があらわれそうです。

復縁を望んでいるのであれば、最長で半年くらいは見てみてください。

「いつでもあなたからの連絡を受け入れます」

といった姿勢を見せておけば、あの人の心が上向いたタイミングで連絡がくるでしょう。

 


冷却期間を作る事の良い点


関係が微妙な時、冷却期間を作ることはとても賢明なことでしょう。

いくら頭では自分の態度を改めようなどと思ったところで、それまでと同じような日々を過ごしていたならば、なかなか難しいことなのです。

だからこそ、強制的に距離をとり、お互いが相手が側にいない寂しさを実感することによって、二度と約束を破らないようにしようとか、相手の期待を裏切らないようにしようといった反省が促されます。

人は過ちを犯しますが、更生することは可能でしょう。

恋愛において関係がうまくいかないことは決して過ちではありませんが、冷却期間を置くことの良さは、「耐える辛さ」によって、二度と離れたくないと強く思えることなのでしょう。

 


冷却期間を作る事の悪い点


冷却期間を置くことによって生じえる悪い点は、

・そのままお互いの心が離れていく可能性がある

・どちらか、あるいは双方に新しい恋愛相手が出来る可能性がある

・元の鞘に収まれば結果オーライだとは言え、離れている間とても寂しい

などといったことがあげられるでしょう。

でも、ちょっと距離を置いただけで心が離れてしまうのであれば、所詮それぐらいの絆しかなかったと割り切れるかもしれませんね。

また、寂しさは恋愛における最高のスパイスですし、精神力を鍛える期間と捉えることもできるでしょう。

どちらか、あるいは双方に新しい恋人が出来てしまったならば、それはそれで運命だったと受け止めるしかありませんよね。

ときに現実はシビアです。

 


冷却期間の平均的な時間


割と長続きする恋人であれば、一瞬の冷却期間ですぐに寂しさに耐えられなくなってしまい、連絡を取らなくなってから数日で元に戻ることもあるでしょう。

けれどそれは、どちらかがとても素直な性格をしているためであり、普通はなかなかそうはいきません。

そういった幸運なケースを除いては、距離を置いてから2-3ヵ月でどちらかが相手の不在に耐えられなくなってしまい、連絡を取り合うこととなることが多いです。

双方がプライドが高く、意地っ張りなときには、もう少し時間がかかります。

でも、半年も我慢していればだんだんと耐えられなくなってしまい、お互いがなし崩し的に相手の元へと心がさまよってしまうでしょう。

素直になれるかによって分かれていきます。

 


復縁の可能性を上げる冷却期間の過ごし方


いざ冷却期間が始まって、それまで一緒にすごしていた愛しい恋人との時間もなくなってしまえば、誰でも時間が有り余ってしまうように感じるでしょうね。

愛しあえていると感じられた一番身近な人が側にいないために、「多くの人が孤独を感じて」しまいます。ついつい自棄になってしまうでしょう。

でも、そんなふうに過ごしていては、うまくいく復縁もダメになってしまいます。

相手と離れていてもちゃんとその人に対する忠誠心を忘れずに、身を律して生きていきましょう。

会えない期間に自分を磨いて過ごすことは、復縁後の2人の関係にとっても良いものとなります。

仕事にまい進したり、興味のある分野の勉強をしたりなどして、また愛し合える日を静かに待ちましょう。

 


冷却期間中にしておくべきこと


冷却期間中にしておくべきことは、いくつかあります。

まずは「日記をつけること」です。

毎日その日の出来事とそのことについて自分が感じたこと

そして、

自分がどう振舞えばよかったのかを考え続けることによって、あなたは大きく成長します。

復縁できた暁には、お相手のかたは大きく成長したあなたに目を見張るでしょう。

また、利他的な心を育てるために、ボランティアなどに勤しむのも良いです。

ついつい人は、自分のことばかりを考えてしまいます。

それは生き物として当然の本能ではありますが、恋愛においては50:50を心がけ、公平に振舞うよう心がけましょう。

 


冷却期間中にしてはならないこと


逆に、冷却期間中に絶対にしていけないこともいくつかあります。

まずは、「昔の恋人に連絡をとったりしないこと」です。

当たり前のことのように感じるかもしれませんが、人は孤独を感じると、昔自分を好きになってくれた人に対してついつい頼りたくなってしまいます。

でも、そんなふうにふらふらしていたならば、お相手からの信頼を失ってしまうことにつながるのです。

また、孤独を紛らわすために生活習慣をめちゃくちゃにしてしまいがちな冷却期間ですが、そこはぐっとこらえて、それまで以上にストイックに日々を過ごすことが大切です。

やけ食いやけ酒などを繰り返していますと、あなたの健康にも悪い影響があらわれますし、なによりも見た目にも響いてくるかもしれません。

 


冷却期間はいつ終わる?


冷却期間を経た後にそのカップルがどういう決断を下すのか、それは実にケースバイケースでしょう。

残念ながらそのまま関係が消えていってしまう人たちもいますし、逆に、それまで以上にお互いのことを大切にしあえるような絆が会えない時間に構築されていく人たちもいるのです。

では、どういったときに冷却期間が終わったと判断できるのか、それはやはり、また「2人が以前の関係に戻ることに同意しあうとき」でしょうね。

なるべく冷却期間を短くしたいのであれば、いつでも「自分の心に素直に」振舞うようにしてください。

あの人から連絡が入ったとき、ついつい恨みの気持ちが湧き上がって駆け引きなどをしてしまったならば、あの人も素直にあなたに接することが出来なくなります。

 


冷却期間と、あの人の気持ちを占う


あなたの場合の冷却期間がどれぐらいの長さになるのか、あなたはとても気になっているでしょうね。

当然今のあの人の気持ちも知りたいでしょうし、2人の未来を先回りして把握しておきたいとあなたが考えても当然なのです。

通常であれば、人は未来のことなどわかることはできません。

ですが、以下の「ある占い」をすることによって、今後のあなたの恋愛事情のおおまかなラインを今すぐに知ることが出来るでしょう。

どうしても気になってしまうことがあるならば、無理をして目を背けることなく現代の利器を使って楽になってしまいましょう。

同じ冷却期間を過ごすにしても、どれぐらいを耐えればいいのかあらかじめわかっていれば、随分に楽になりますよ。

 

▼▼あなたのお名前と生年月日を入れてみてください。水晶玉子先生の鑑定を無料で受けることができます。▼▼